たばこはパッケージにも記載していますが、身体には決して良くない嗜好品です。しかし、たばこを辞めるのも簡単ではありません。ヘビースモーカーなら尚更、禁煙はあきらめたという方もいると思います。タバコを効率よく止める方法知りたくありませんか?

  • ホーム
  • 本気でたばこをやめたいなら禁煙外来へ!

本気でたばこをやめたいなら禁煙外来へ!

喫煙は脳卒中、心筋梗塞などの重い病気や、血流の悪化による体調不良、皮膚の老化など、健康や美容に悪影響を与えるとされています。
そのためタバコをやめることを考える人も多いのですが、タバコを吸い続けていると、ニコチン依存症でなかなかやめにくい状態になってしまいます。
そして、そんな場合に禁煙をしたいときは、医師がサポートする形になる禁煙外来が役に立つと考えられます。

禁煙外来の大きな特徴として、ニコチンをとらなくなったときに生じるニコチン離脱症を軽減し、これによってタバコを再び吸うことなく、禁煙に導くようにするということが挙げられます。
ニコチンは体内に入るとドーパミンを大量に放出させて、落ち着いたりスッキリした気分にさせたりします。
しかし30分程度の時間が経つとニコチンが切れて、逆にイライラした気分や不快感などの離脱症状を引き起こすことになり、これを解消するためにまたタバコを吸うようになってしまいます。

ニコチンの離脱症状としては、この他にも集中力低下やふらつき、睡眠障害など人によって様々な症状が現れることになりますが、そのような場合に適切な対策をとれるようにするのが禁煙外来です。
ここでは、様々な症例を体験している医師から薬物を処方されると同時に、深呼吸や散歩、カフェイン入りの飲み物を避けるなど、それぞれの場合に効果があるような日常生活のやり方や注意点などのアドバイスももらえるはずです。

以上のように、禁煙外来の場合には、ニコチン離脱症を軽減するような薬物療法と日常生活での禁煙対策のアドバイスが受けられる他、再び喫煙をしそうになったときにも担当医に相談や質問ができるので、自分だけで行う禁煙よりも安心感があるという利点もあります。
そして、このような禁煙外来を利用することで実際に禁煙できたという人達もたくさん存在するため、禁煙をやりにくいと感じる場合にはこのような診療科を利用してみると良いでしょう。

禁煙外来で禁煙をすると費用はどれくらいかかる?

禁煙外来のスケジュールの内容としては通常、禁煙のための薬を12週間ほど服薬し、その間5回の診察を受けるという形になります。
そして、この場合の費用としては健康保険が適用となり3割が自己負担である場合には、8~12週間で13000円~20000円程度と考えられます。

また、この場合に処方される薬としては、ニコチン補充薬であるニコチンパッチやニコチンガムなどの薬と、ニコチンが入っていない禁煙補助薬があります。
この中でニコチンパッチと、禁煙補助薬には保険が適用となりますが、ニコチンガムは適用外になるのでこの点は注意した方が良いと言えます。

また、禁煙外来で保険が適用となるには、直ちに禁煙を考えているということや、文書による同意など、必要条件があるので、これを満たさない場合には自由診療の形となり全額自己負担となります。
ただ、そのような場合でも、禁煙外来に通うようになれば、たばこの費用は不要になるはずです。
さらに、たばこを吸うことで生じる病気の治療費などがかかる可能性もなくなるので、禁煙外来をうまく利用すれば健康面だけでなく、金銭的にもプラスになる可能性が高いと考えられます。

以上のように、禁煙外来はたばこをやめることを希望する人にとって役に立つ診療科と言えますが、病院の選び方に関しては自分に合ったところをしっかりと選ぶことが大切です。
そのためには、治療内容を事前によく調べておき、納得できるスケジュールを提案してくれるようなクリニックを探すようにすると良いでしょう。
そして、それを可能にするために、複数の禁煙外来の情報を得るようにして、それらを比較対照したり、実際に禁煙外来を利用した人達の口コミを読んでみることをお勧めします。